MENUCLOSE

変化に柔軟に対応できる薬局づくりを

薬局事業本部マネージャー
薬剤師
塩見 拓
学生時代

大学時代はバスケットボール部での活動と、環境衛生を専攻する研究室での活動の双方に没頭していました。バスケットボールは、大学から新たに始めました。残念ながら選手として活躍することはできず、その分応援に力を入れていました。誰よりも大きい声で応援し、チームを盛り上げることを心がけていました。薬学部リーグでは、在学中に3連覇を果たし、チーム全員で熱中できたことは忘れられない思い出です。

Question 01

入社しようと決めた理由は?

私は、医療業界で働くのであれば、人に対しても、社会に対しても、誠実であるかどうかがとても重要だと考えています。当社へ入社を決めたのも、会社説明会で他社との比較で自社の弱いところを正直に話してくれた人事担当者に、誠実さを感じたからでした。この人に人事を任せている企業もきっと誠実だろうと思いました。

Question 02

仕事のやりがいは?

現場で調剤業務も行っていますので、患者さまから「ありがとう」や「安心しました」と言ってもらえると、やはり嬉しいですね。また、毎年店舗ごとに設定している短中期的な目標をスタッフと一緒に達成でき、さらに新しいことに挑戦する熱意や責任感を、スタッフから感じられた時にやりがいを感じます。

Question 03

仕事で特に大事にしていることは?

現在は3店舗の管理業務を担当しています。各店舗の立地や条件を踏まえ、必要とされる薬局機能を高めることを目指しています。そのためにスタッフにどう伝え、実行していくかを考えています。また、法律の改定内容が、これからの薬剤師に期待される職務であると認識し、医療業界の変化に柔軟に対応できる薬剤師になるべく、共に成長できるよう指導しています。

Question 04

職場の雰囲気はどうですか?

私が初めて管理薬剤師を任されたのは新規開局の一人薬剤師店舗でした。右も左も分からない中、当時の上司が店内のレイアウト決定や、近隣薬局との関係づくり、医師訪問などしっかりとサポートしてくれました。このように、上司から一緒に頑張ろうと歩み寄ってくれる雰囲気があるのは当社の良いところだと思います。

Question 05

将来の夢は何ですか?

マネジメントを担っている立場から言えば、管轄店舗のスタッフがプライドを持って質の高い業務を行ってくれることです。そのために、より働きやすく、より活躍できる職場環境をつくっていけるよう注力していきたいと考えています。

MESSAGE

就活生へのメッセージ

管理薬剤師やマネージャーと言われる店舗管理業務も大事な仕事ですが、専門性を高める認定の取得には補助があり、現場の薬剤師としてより活躍する働き方も推奨されています。様々な働き方の中から、自分がどう働きたいか、どんな仕事がしたいかを整理して、志望先に質問疑問をぶつけると良いと思います。その回答の中に、ここだと思えることがきっと見つかるはずです。

OFF TIME

休日の過ごし方

シフト制の中で、他のスタッフと相談して連休を作ることもできるので、独身時代は、夏は沖縄へ、冬はスノーボードや温泉などによく行きました。最近は、子供が生まれて間もないため、休日は家族と一緒に過ごすことが多く、たまにお弁当を持って近場の公園に行ったり、植物園などに出かけたりしてリフレッシュしています。

ページの上部へ戻る